アクセスカウンタ

物見山にウサギを探す

プロフィール

ブログ名
物見山にウサギを探す
ブログ紹介
遠野の元住人 24地割の独り言です。
zoom RSS

大ハラ川

2018/01/21 17:42
画像



妻が欲しがっていたクリスマスローズ。
M町の産直まで足を延ばし一鉢求めてきました。
そんな日曜日の午前でした。
オジサン、愛妻家です(^^

午後からは昨日撮った画像に首ったけ。

大ハラ川の畔を縫い達曽部へ向かう道を拡大してみました。


画像



大ハラ川左岸の上流部に家が描かれ、表示は「大ハラ
定本附馬牛村誌には次のように記されております。
「第二編、歴史条件」「二、各部落の沿革」の(26)大洞から抜粋しますと、
「現在沢の口に居住する菊池三太郎氏の先祖に当たる菊池三左エ門同吉左エ門の二人が草分けで、その後別家を出したりして五戸に殖え」(P/43)
この記載からすると多分、その草分けを示す二軒なのでしょうか。

さてさて、それより「大ハラ」。
絵師の下に寄せられた情報がそうだったのか・・・
飽きない領内図です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


一点突破

2018/01/20 21:46
土曜日、打ち合わせを終え帰社したのは12時半。
途中のコンビニで求めたオニギリを2個食すと、無性に走りたくなりました。
この機会を逃したら二度とお目に掛かれない・・・


画像



30分ほど滞在した特別展示会場、外に出るともう16時。
クルマを停めた市民センターの近辺は何やら大きなスーツケースを引くレディがウロウロ。
気付いたら遠野市立博物館の前に立っていた、なんて口走るオジサンとのコラボが来内川の畔でありました(^^


画像



1800年代半ばの城下、メインロードの形は然程変わっていないようですね。


画像



チト驚きました。
現在東禅寺川と呼ばれる流れは「大ハラ川」と記され、大寺沢が「東禅寺川」となっております。

往復380km、6時間の行程でしたが行った甲斐がありました。
何しろ明日までの10日間限りの特別公開。
願わくば、これを冊子にまとめてほしいものです。
非常に面白い代物に会え、帰宅後館内で撮影したブレブレのスナップ写真に食いっきりです(^^


画像



記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


街撮り

2018/01/14 19:09
息子たちが用意した席・・・
彼女のご両親と初めて挨拶。
ぎこちない感じに馴染めないまま2時間(^^
とりあえず、形式に囚われない儀式は終了。
息子は彼女と向うの両親をタクシー乗り場まで送って行きました。


画像



解放された我が老夫婦は、とある建物の胎内に潜り込みます。
帰りのバス便を確認し、ここから妻とは別行動へ(^^


画像



凡その到着時間を予測し、2キロ程先のバス停で乗り込むことといたしました。


画像



久々に徘徊するエリア、売茶翁に暖簾がかかっておりましたが酒も入っており
荷物を増やす気になれず素通り(^^


画像



画像



迷い込んだ片倉町、あるお宅のプランターにガーベラを見つけました。


画像



最初の目標となった医学部前のバス停。
時刻表を見ると、便は20分先。
更に先のバス停を目指し歩くと決断した時、鈴の音。
市内に本店を置く第二地銀の列が目の前を通り過ぎて行きました。


画像



やがて三つ先のバス停にたどり着き時刻表を確認、10分弱の待ち時間。
陽だまりが出来るこの場所で便を待つことに。


画像



八幡宮へ向かう列と戻る列が交差する界隈。


画像



定時より20分遅れで到着した便、乗り込もうとすると窓際で手を振る妻の姿(^^
何時もよりカロリーを摂りすぎた昼食と感じた小生のダイエットをよそに、更に脂肪を蓄える彼女。

まあ、下心もあって歩いた小生の日曜日でしたが、
長男と彼女の結婚を認める親同士の顔合わせのイチマツ。

親の面倒を見ろなんぞとは口が裂けても言いたくない小生。
何しろ父親の死に目に会えなかったばかりか、その日の内でしたが最後に到着した長男の身です。
若い二人が末永く仲良く暮らせる関係であって欲しいと願うのみです。

父母も私が今住む家を訪れ妻の両親に挨拶した際に、同じくそう願ったのだろうと思うこの頃です。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


おひたし

2018/01/12 20:40
5時に新聞を取りに出た庭からは下弦の月と木星がくっきり(^^

7時台前半に家を出発した時、クルマの外気計は−7℃。
’80年代以降、山々を削り出来た団地が広がる仙台市西部。
嘗ての風景が残る七北田川沿いの谷間に降りると外気計は更に1℃低い値に変化。

一昨日は2時間を要した出勤時間(^^
今日、平野東部にある会社までの21kmに要したのは1時間10分。

10時の現調を終えてもマイナスの値! 外気計が壊れたのかとも思ったのですが、
午後には在所の最高気温に近い数値を示し安心。
と、共に寒さを実感した日でした。


画像



さて、今夜の肴は白菜。
年末に畑から収穫した小振りの6個。
その中でもとりわけ小さな白菜をおひたしに。
年末にたっぷり霜を浴び、とても甘い(^^
幼い頃を何故か思い出します。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


息子 2題

2018/01/07 18:47
いいよ下の息子も明日には帰ります。
今日は仕事OFF、息子のお願いを聞きました(^^


画像



雪山というリクエストに、泉ヶ岳のスキー場へ車を走らせましたが細くなった山道。
停まる箇所を得ず、七北田ダムで息子の撮影は始まりました・・・
1100m級の泉ヶ岳。
しかも、小生の愛機でね(^^


画像



1400m級の後白髭山とその右に三峰山、そして息子No2.(七北田ダム)


画像



更に南西に抜け、息子の撮影が続きました。
因って、4時間余りはスマホ撮影(大倉ダム)

帰宅後、自分のメディアに画像を取り込みRAW画像を加工する息子。
ようやく手にした愛機で今年の初の庭撮影(^^


画像



低くなった西日に照らされる南天。


画像



PENTAX使いの息子、所持するレンズは広角と標準・・・
星空撮影を主なフィールドをする彼。

もう一人の息子はというと・・・
小生、彼女の両親との顔合わせが1週間後になりました。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


年頭からチトお疲れ(^^

2018/01/07 00:00
年が明け、4度目の登社(^^i
元日、3日そして昨日。
片道20キロの冬道を通うオヤジ・・・
この1月末で7周年となる我が社、何とか生き延びてきましたが以前の会社でも
同じパターンを繰り返しておりました。
小心者なのです、届く年賀状に差し出し漏れがないのかのが気になるのです(^^

まして今年の本日は新たな相棒たちとの初仕事の日。
ルート先への年始回りと現場班の初出動。
まあ、先様の反応が面白かったといったところでした。


画像



先週末の冒険が遠い昔に感じられます。


画像



強風と雪の記憶が残る年末でした。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


調理はじめ

2018/01/03 19:30
2018年、初日の出を撮った後の話。
帰省した下の息子が起き出しておりました。
前夜、鳥ガラを煮出してくれた妻は爆睡(^^

これに昆布だしを注ぎ大根牛蒡人参鶏肉を加え、雑煮のベースを仕上げます。
残念ながらモチは新潟産のパック。
餅つきに自ら参加したのは半世くらい前が最後。
蒸かしたモチ米の香りが思い出されます・・・


画像



元日のメインはソミュール液の準備。
それに冷凍していたシロザケを漬けることです。
解凍した魚卵したをイクラとして食卓に差し出すのですが、あっという間に息子が(^^i


画像



2日の夕食は大晦日に求めた剥きカキがメイン、土手鍋といたしました。


画像



明けて3日、今日の夕食は畑で収穫した白菜がメインの八宝菜。
オードブルはねっとりとした食感のスモークサーモン。
大晦日に収穫したブロッコリーと皿に盛り付け、自家製ドレッシングを振りかけます。
美味い、の一言(^^

安心できる食材をメインとした慎ましい食生活を今年も営みます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

物見山にウサギを探す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる