アクセスカウンタ

物見山にウサギを探す

プロフィール

ブログ名
物見山にウサギを探す
ブログ紹介
遠野の元住人 24地割の独り言です。
zoom RSS

収穫

2017/10/18 19:59
画像



ようやく日差しに恵まれたこの二日間。
外注2班の現場とは別に小生が施工せざるを得ない現場が生じ
チト、アップアップ(^^
弊社のような零細でそのような状態は、3K現場の人手不足の証左。

寒さを感じるようになった昨今ですが、帰宅後収穫した三つ葉アケビ。
淡い紫が美しいと感じました。
早速実食、五葉アケビに比べ控えめな甘さ・・・
子供の頃に頬張った味です。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


断層の上に暮らす

2017/10/15 20:00
住まいをS市西部、開発から40年ほど経つ団地に住まいを移して2年が経ったわけですが
ほぼ同じ年月をS駅より東のエリアで暮らしてきた小生にとって興味津々のエリアでもあります。

東のエリアと申し上げましたが、ほぼ利府長町断層に沿う辺りです。
JR原町駅や新寺小路長泉寺横丁の交わる界隈の見事な段差の何とも妖しい魅力(^^i



画像




引っ越してからS市の水源地の一つにある産直へ休日に通うことを秘かな楽しみのしております。産直の更に西側の沢沿いに広がる田んぼ。

この沢が広瀬川に合流する辺りは見事な段丘崖が広がるのですが、層理がとても美しい。
長男が小学生の頃、渓流釣りに連れて来た川岸から対岸に見とれたのが最初の出会いです。

更に広瀬川を下ると愛子断層と呼ばれるエリアとなります。
その一帯から北に延びる撓曲の存在は半世紀も前から指摘されておりました。
小生の住む団地もその線上にあります。
この2年間気になって(^^ 
暇があれば妻を伴って西へ延びる林道擬きや県道に侵入する回数が増えています。

もう一つ気になっているのは家の耐震補強です。
耐力壁を増やしたいと考えている昨今です。

えっ・・・  そう、段差〜かな(^^


記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


新米

2017/10/12 19:55
昨日早めに現場を切り上げた帰り道、今期の玄米30kgをもとめました。
10kgの小袋に詰め直した「ひとめぼれ」、愛車の後座席に置いて一緒に出社(^^


画像



今日の夕方精米したコメ。
早速食卓へ(^^
おかずはシンプルなものが良い・・・
メインは宮城県産のすしはね海苔、そして畑の大根葉の炒め物、朝の残りの鮭。
汁の具は畑のネギ。
少なめの水で炊いたコメの味が素晴らしい(^^
ジャポニカ米を主食としてきたことを改めて感じる秋です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やはりコメが好き

2017/10/09 19:17
金曜日の夜から妻に尋ねられておりました・・・
明日は休み? 答えはNon(^^i
土曜日の夜も同じ質問・・・
ルート先の営業との現場同行が入っている旨を説明、
更に溜まった見積書の作成に時間を費やす日曜日の予定を伝えると不機嫌(^^

オジサン頑張って4ヶ所5通の見積書をルート先にポンしたのは15時。
久々に陽のあるうちに帰宅したいと帰り支度をしていると大家がやってきて
畑ダゾ、と宣う・・・   _│ ̄│〇

9月に収穫を終えたスイートコーンのふた畝に耕運機を入れる羽目に(^^
枯れた茎を引き抜いた畝に石灰、牛糞、苦土石灰を撒き正転2回、逆転1回。
20度越えの気温、そこそこ汗をかいてしまいました。

明けて本日、小生が準備した朝食を7時台には平らげた彼女・・・
9時には助手席に鎮座する妻を伴って半日のドライブへ(^^


画像



最初に向かったのは先週も訪れた産直・・・
土日だけの開催で祝日はやっていなかった。
で、更に西へ向かい10時に食べた名物の三角油揚げ(^^


画像



次に向かったのは、市内北西にあるスキー場。
標高670mの駐車場から紅葉が始まった1100m級の泉ヶ岳方面を眺める。


画像



一気に400m以上をを下る林道。
様々な表情を見せる基本ダートの道です。
1/4のシャッターでブレブレの滝(^^


画像



白糸の滝と名付けられた箇所を過ぎると、やがて左側に用水路。
北泉ヶ岳の麓から流れだした長谷倉川から引かれた用水のようです。
用水の隧道に張られた銘板には昭和45年という文字が刻まれておりました。
新規開田が禁止される等の減反政策がはかられた頃です。


画像



朴澤用水路は林を抜けると休耕田が左右に目立つ沢沿いから
小屋森山と屏風岳に挟まれた小さな盆地に出ます。


画像



朴沢の山際には竹林が所々に点在しております。


画像



どうやらこの地も昔はハセガケだったらしい・・・
残念ながらこの盆地で現役を目撃することはありませんでしたが
納屋の壁に積み上げられた材はハセガケのモノと推測できます。

一筆書きのルートで13時には帰宅できた月曜日。
今週は契約している農家に新米を受け取りに行こう。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幼虫

2017/10/08 20:24
現場同行と見積書作成のため9時には家を出た日曜日。

さて、庭の柚子に宿るアゲハの幼虫たち。
その中でもひときわ大きく、額に文字のような文様がハッキリ見える5令幼虫が
鉢植えの先端に・・・
オハヨウと声を掛け、8時台はセレベスの茎の皮むきに専念(^^

9時前に作業を終え、再び鉢に近づくと・・・
アレレ、奴がいない❓

この1時間、鳥は近づいて来なかったはず。
蛹の準備に食草を離れたのか・・・


画像



残った4令幼虫の個体。
羽化までたどり着けば第4化。
産み付けた卵が蛹となり来年につなぐことになります。


画像



ホトトギスにも次世代に命を繋ぐ奴が(^^


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


稲架掛け

2017/10/01 17:20
朝晩の気温が下がり、寒いと感じる在所。
先週末には盛岡の母や弟妹たちから梨が届いたとの電話。
何時まで見栄を張れるのか、小生は(^^

息子が訪ねてくるとのことなので早めの買い物に出かけようとする9時。
いつの間にか助手席に鎮座する妻。

最初に仙台西部の小さな産直へ。


画像



地域の方が生産したモノを数点もとめると、マイタケ汁を馳走になる(^^


画像



市内でも西部はハセ掛け地帯です。
この産直のある広瀬川上流エリアでもその姿に出会いました。


画像
480


仙山線の南側、300m級の山から流れてくる沢水に頼るエリアでも。
産直の方にお聞きすると、この辺は竹があるからハセ掛けとのこと。
そうか、棒掛けとは資材調達の安易さの違いかと合点(^^


画像



広瀬川水系芋沢川の谷間で見かけたハセの資材。
確かに竹ですね。


画像



進んだ稲刈り。
ほぼコンバインの独壇場なのですが、
ハセ掛けが進む様も目の当たりにした午前中でした。

当然、昼食はパスタ。
3人分のボンゴレと、庭から調達した芋の子で汁を準備。
夕食まであり付こうという息子のためにマイタケご飯まで炊くオヤジ(^^
まあ、食の準備こそ生きがい。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


夕暮

2017/09/28 20:39
毎年感じることですが、秋の祭り以降の日の入りの早いこと(^^i



画像



昨夜からの雨が昼過ぎまで降り続いた在所。
午前と午後の現調を終えた頃、入った電話・・・  急遽、石巻へ。
要件を済ませ帰路に就いた17時台半ば。
空の変化の速さに、レンズを選ばず装着していた物でシャッターを切る。


画像



仙台平野東端の見事な茜空。
10キロほど北西にある箟岳のシルエットが浮かび上がる。
砂金採りにでも行こうか(^^

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

物見山にウサギを探す/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる