アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「岩手路」のブログ記事

みんなの「岩手路」ブログ


棚田を訪ねて 2

2018/06/18 21:36
画像



日曜日、午後からは舞川の「金山棚田」へ向かいました。
県道沿いに掲げられた看板を見つけ、坂道を登り始めると駐車スペースが用意されておりました。
キイチゴのオレンジ色の実に気を奪われ一房を口に頬張る(^^
杉木立のうす暗い山道を歩き始めると眼下に棚田がとびこんできます。


画像



斜面に沿い色々な形の田が美しく並ぶ。


画像



ため池の側に設置された展望台から下を眺めると棚田の所有者金山さん宅が見えます。


画像



杉木立の中からサンコウチョウの鳴き声。


画像



山吹棚田も良かったのですが、私としてはこの金山棚田にチト感激。
この形状では田植えはもちろん手植えでしょう。
私が幼かった頃には当たり前だった作業をいまだに続けて棚田を維持している・・・

帰りの車の中、私は妻に舞川地区から通ってきていた同級生のエピソードを話した。
転校した高校の同級生は常にヤニ臭かった(^^i


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


棚田を訪ねて 1

2018/06/17 18:39
現場作業が続き、食ネタに終始した先週(^^
今週も現場作業が続く予定・・・

月初から企画していた往復200キロほどのお遊びに出かけた老夫婦の日曜日。


画像



東北道を北上、若柳金成インターから花泉町を経て目指した先は大東町大原。
日本百選に選定されている矢吹の棚田に行ってまいりました。


画像



11時台、雲空のもとの棚田。
巨大なゴマ石が露出する畔の斜面を眺めながら谷間の上へ・・・  やはり美しい。


画像



北東側の沢から水が流れ込んでおりました。


画像



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


3月4日 盛岡

2018/03/04 22:50
画像



母方の叔母の急逝が伝えられた先週。
この土日に組まれた通夜と葬儀、前週に続く岩手路となりました。
宿から眺めた今朝の岩手山、靄がかった姿でした。


画像



朝食後、ラウンジで朝刊に目を通す。
3・11以降、7年続いている岩手県版の連載記事。
この記事を読みたく、朝日新聞デジタルを契約(^^
今朝はPCではなくオフセット版記事を・・・


画像



法事を終えた後、盛岡駅から39分で仙台駅に戻った日曜日。
帰宅後、母へ電話で報告。

幼き頃の思い出話に食着く叔母たち、そして喪主である年の離れた従弟が耳を傾ける・・・
ある夫婦の末裔たちの集まりの一コマです。
何処にでもある家族葬。






記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


帰路雑記

2018/02/27 22:38
画像



東禅寺川左岸の崖に居られた御仁。
私の髭が気になるのか、暫しにらめっこ(^^


画像



石羽根にあった旧東禅寺中学校、その南側の林。
鹿の仕業でしょうか・・・


画像



旧中学校跡の脇を花輪へ向かう野兎の足跡が続いておりました。


画像



矢崎と松崎を結ぶ市道沿いの木立、ヤマドリの群れに出会う。


画像



いやはや、美味そう(^^i
妻から上郷の産直に寄りたいからというリクエストがあり・・・
赤羽峠を越し、そのまま陸前高田へ抜けました。


画像



そうなると私の選ぶルートは矢作から鹿折へ抜ける山道。


画像



旧金山事務所の隣に立つ鹿折金山資料館にお邪魔しました。


あと2年もすれば遠野と在所は海沿いもほぼ自動車道で往復できるようになります。
しかし私は仙人峠や箱根峠、赤羽峠、蕨峠、笛吹峠、樺坂峠等を出来るだけルートに入れたい。
やはり、弘化四年の百姓一揆を追いたいのです。

私が小学生の頃から愛読している父から譲り受けた蔵書があります。
社会思想社から昭和三十八年に発行された現代教養文庫416「北上の文化」初版本。
散りばめられた写真が何とも言えない郷愁を引き起こします。

漢の文字に無い和製漢字、「峠」。
筑摩書房から1979年に刊行された井出孫六さんの「峠を歩く」の文庫版が手元にあります。
笛吹峠の項に指しこまれた地図に記された遠野の周囲17ヶ所。
其の3/4ほどは通過しました。

葬儀。1杯飯に一本箸、この謎にも興味が尽きない・・・
好奇心が旺盛なうちは仕事も続けられるでしょう(^^

20時過ぎに専務から社内LINEが届きました。
まだまだ私をこき使う気らしい。
頼もしい後継者です。
息子ではありません、事業を持続するとはそういうことだと考えます。

日々直面する「老いるショック」(^^i
それを笑い飛ばしながら、あと5年は現役として岩手路を楽しみたい。




記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


旧東禅寺村冬景色

2018/02/26 22:17
画像



大麻部山を正面に見る沢の口向の道。


画像



東禅寺小学校に冬季間に設けられた分教場を今年も愛でに伺った。
「昭和二十四年十二戸の開拓者が入植、現在十六戸」と1954年1月に発行された附馬牛村誌は
紹介する。


画像



父の従兄弟たちが暮らしていた集落、果たして現在は何件残っているのか。


画像



この雪の深さ、冬期間の移動は生命に係わることでもあったでしょう・・・


画像



旧オオハラ川(^^  現東禅寺川に掛かる大萩橋から先程通った沢の口向を眺める。


画像



石上山、高清水展望台を知ってから何故かこの山に惹かれ始めました、味のある姿です。
さて、今年は雪が多いとか・・・
小生が幼い頃訪れた祖父母の家での年越しはこんな風景でした。
いすゞTWの往復でようやく長靴に雪が入り込まない圧雪ができるのです(^^


画像



父の原戸籍があるこの地から見える山では薬師の姿が一番好きです。
その昔、5月の連休に色付いたつぼみに囲まれた旧東禅寺小学校の校庭。
開花を目の当たりしたのはこの10年間の通いの成果(^^i
四季折々に愛でるマイオキニの一つ。

曽祖父が亡くなった半世紀以上前の1月、沢沿いの旧道を徒歩で葬儀に向かったのは
祖父と伯父、父と中学生だった従兄だけでした。
今回の隠れた目的はこの地でかつての雪深さを味わうことだったのかもしれません。


記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


夫婦旅

2018/02/25 22:49
画像



2月も下旬、17時台の物見山。
40数年前の2月、父の転勤内示を伝えられ二度目の転校に寂しさより・・・
違う人生が始まると心沸いた16歳の小生でした(^^


画像



さて、二年ぶりの小友裸参り参戦。
前回は早池峰バスが待っていた地点、今回はJRバス  もとい、JAバス。
告知を打ったFさんや私を誘ってくれたTさんたちの同級生チームに混ぜていただき往復。


画像



到着するなり、妻に小銭入れを奪われました。
これを別な言葉でいえば「収奪」(^^i


画像



鷹鳥屋川と長野川が合流する小友の町。


画像



さて、地元の皆さんの振舞い。
トン汁に甘酒の濃いヤツを頂戴した夜。

遠野の町場に戻って飲んだビールが美味かった土曜日。
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2


宿題(^^

2018/02/18 23:39
画像



馬越峠本来道筋、稲荷穴へ向かう沢沿いの幅員1.5m以下の道が描かれている
1/25,000竪沢(S43年測量S56年修正測量)。

大槌から盛岡の城下へ土淵村の本宿、東禅寺村の宿、達曾部村の宿、大迫、乙部と繋ぐ
古道かな・・・  もちろん飛び地の佐比内も(^^

さて、先日T市在住の笛吹さんから頂いた宿題。
高梨子の件・・・


画像



数字合わせをしてみました(^^


画像



うん〜 難しい(^^
結論から言うと大萩に記された数字のマジック。
*印の合計がそれに相当するのかなと推測いたしますが、「比葉沢」「四菖蒲沢」「上野」
「高梨子」が具体的には現在の地名のどこを指すのか・・・
Googleマップの航空画像や国土地理院の1/25000地図を片手に一戸一戸数えていくと

東禅寺9地割の「大萩前」「大萩沢」の戸数が多く、高梨子に該当するのかなの・・・
何れ、花輪、宿と然程違いのない戸数の集落だったのでしょう。
とすれば「上野」は漆沢かな・・・  疑問は尽きません。


給人についての質問への回答にも窮しましたがとりあえず次の画像を。


画像



画像



大間の漁師を追う番組の後、WOWOWのドラマまで見ちゃって・・・
尻切れですがポチ(^^i
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5


古い地図2

2018/02/15 22:49
画像



附馬牛町東禅寺5地割、2011年12月の一コマです。
明治9年に創立された東禅寺小学校。
東禅寺簡易小学校と改称され、東禅寺5地割59−1に移転新築されたのが
明治20年7月のことと「附馬牛村誌」に記述があります。
「大正2年5月、現校舎を東禅寺5の42に新築して移転」と紹介が続きます。

廃校となり、春に桜が美しい校庭の下を通っていた旧道を西に緩いS字カーブを
下った辺りに簡易小学校がに在ったことになります。


画像



東禅寺5地割から13地割越しに東禅寺川右岸の15地割即ち漆畑を望む(2013年12月)。


画像



東禅寺小学校の冬季に開かれた旧分教場。

さて、注目点その2。
昨日紹介した昭和43年測量昭和56年修正測量と記載された’83年1月30日発行の
1:25,000地図に記された分教場の東から北に延びる幅2.5m〜5.5mの道路!  


画像



私有地を示す看板が立つ道が北へ延びる斜面(2012年12月)。
Google Map で拝見するとその先3キロほど道が続いている模様です。
村誌によれば「(26)、大洞」の項に以下の文書きされております。
「その後別家を出したりして五戸に殖え」「昭和二十四年十二戸の開拓者が入植、
現在十六戸」。

「大ハラ」への興味、やはり'60年代半ばに曽祖父の初盆に音連れた時の云わば
カルチャーショックとも言うべき生活様式でした。
明治八年生まれの曽祖父、彼の祖母は天保六年生まれと記された改製原戸籍。
28年前に亡くなった父の遺産相続を自ら行うことで手元に残った資料を眺めながら
水割りをチビチビ(^^;)
幕末作成された領内図を鮮明に再現した冊子が欲しいと切に思う小生です。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


古い地図

2018/02/14 23:38
画像



手元にある’83年1月発行の国土地理院「1:25,000上宮守」。
35年前の地図に表されている馬越峠は自動車通行困難の部とされております。

注目すべき2点。

一つ目は標高554mの印字がある馬越峠と寺沢牧場へ抜ける道の分岐点。
現地の交差点はもう少し複雑でとても興味深いのですが、手持ちの画像を探すことが
出来ません・・・   _│ ̄│〇

さて、平凡社の日本歴史地名大系:3「岩手県の地名」1996年(森嘉兵衛監修 金野靜一編)から
引用すれば「享和三年(一八〇三)の仮名付帳によると家数七八、枝村の宿一七・大萩一六・
高梨子八・大原五・沢ノ口九(うち給人二)・大野一〇・桧葉ヶ沢二・桑原一一。「邦内郷村志」は
ほかに坂之下・菖蒲沢・上野をあげる」とあります。

さらに「寛文八年(一六六八)横田村の猿ヶ石川に架橋される以前は、花巻、大迫町(現稗貫郡
大迫町)からの道は綾織村から峠越で当村を経て安居台村を通り、横田村に至った。」「寛永四
年陸奥八戸から八戸弥六郎が鍋倉城に入ったときも当村を通ったという。西方馬越峠を経て
達曾部村(現上閉伊郡宮守村)に出て、大迫、佐比内村(現紫波郡紫波町)を通って盛岡へ向か
う道もある」と続く記述(P/577)が展開されているのですが、注目すべきは付録。

「輯製二十万分一図(しゅうせいにじゅうまんぶんのいちず)」1884(明治17)年制作のの複製地図。

幕末の地図と比べると川の名称はありませんが、猿ヶ石川と東禅寺川の合流地点右岸に「高梨」
と読めそうな文字、その上流大野川との合流地点右岸の石羽根、大寺との合流点の西で御祖
神社の北側を流れる沢と交わり、左岸に沢ノ口の記載。
その上流の右岸に漆畑の地名、東禅寺15地割です。
この地図には馬越峠へ通ずる道はの記載はありません。
薄い点線で示される村道が石神山の西を進み「石倉」の集落を経、上宮守へ通じております。

大ハラ川と東禅寺川・・・
なかなか面白いテーマです。
何れ、古い地図は面白い(^^
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


旧河川

2018/01/28 17:42
飽きずに領内図を眺める日曜日(^^


画像



猿ヶ石川と交わる近辺の荒川が二股となっている!


画像



国土地理院の1/25000地図と照らし合わせてみます。
久手の辺りから西へ別れ、上柳を横切り根岸の集落の外れで本流と合流するのか・・・
果たして現存する久手から引かれる灌漑用水に重なるのでしょうか。


画像



さて次は、猿ヶ石川と小烏瀬川の合流地点に注目。
矢崎の下流で三日月湖を形成しつつある・・・


画像



駒木から海上の下に広がる整備された圃場は猿ヶ石川の河川敷だったのでしょう。

150年以上も前の遠野の様子が浮き上がる何とも不思議な地図です。
時の幕府が収集した地図のレプリカなのかもしれませんが、江戸末期の遠野のイメージを
伝える豊かな情報の宝庫のような気がします。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
招待旅行
招待旅行 仕事上の付き合いを始めて10数年の外注さん。 彼の招待で1泊2日の温泉ツアーにバイクやのオヤジと3人で繰り出しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/24 19:06
大ハラ川
大ハラ川 妻が欲しがっていたクリスマスローズ。 M町の産直まで足を延ばし一鉢求めてきました。 そんな日曜日の午前でした。 オジサン、愛妻家です(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 17:42
一点突破
一点突破 土曜日、打ち合わせを終え帰社したのは12時半。 途中のコンビニで求めたオニギリを2個食すと、無性に走りたくなりました。 この機会を逃したら二度とお目に掛かれない・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/20 21:46
年末雑記
年末雑記 12月31日、今年も古浦かき組合の生かき直売所へ走りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/31 19:28
マジック
マジック 社内の大掃除を終えた28日。 29日から年末年始の休暇を取り、気分転換を図ることにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/30 19:00
重連
重連 45年ぶりの「大船線」気仙沼一関区間乗車記。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/23 06:13
BRT
BRT 盛駅「2番線」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/22 05:45
テツ
テツ この町の片隅に生まれ、甲子川流域で5年間暮らしました。 市街地に宿を取るのは3度目くらいでしょうか・・・   ジジィは昔のことは思い出すのですが、ここ10年ほどのことは(^^i ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 06:40
坂ノ下
坂ノ下 1泊2日の岩手路、公共交通機関を使っての移動三昧(^^ この日駅前についたバスから降りてきたのは1名、乗り込んだのは3名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 07:01
表情
表情 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/19 06:54
神楽
神楽 早池峰神楽 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/18 15:22
元気を分けて戴く
元気を分けて戴く テツで彼の地へ入ったのは8年振りでした。 歳には敵わぬとの認識を実感し始めたこの頃(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/09/17 19:38
新鮮
新鮮 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/16 08:11
肌寒い
肌寒い チェックインまでの時間つぶしに岩山の展望台へ向かった昨日の夕方。 岩手山はすそ野がわかる程度(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/14 22:15
帰省
帰省 昨日は金曜日にようやく終えた現場の後片付けの為、出社。 14時過ぎには帰宅しました。 畑から収穫した枝豆を茹で始めていた15時前、突然私を呼ぶ息子の声。 驚き、振り向くと関西から青春18キップで戻ると言っていた次男。 聞いていた時刻よりも早い帰宅でした。 腹が減っているという彼にせっせと食べ物を作る小生でした(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/08/13 23:20
肴 連休話題を引きずります(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/09 20:07
前薬師
前薬師 4日の朝、サン・フィッシュ釜石でお土産をゲット。 勿論、遠野市内の産直でもお買い物(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 21:51
往路乗りテツ
往路乗りテツ 2日の夜の事でした。 宿は一応キープ、やはり春です。 ふと欲張りの芽が・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/05 18:20
東禅寺小学校跡
東禅寺小学校跡 日帰りのつもりでしたが、妻が無理しない方がいいよと・・・ 2日の朝にポチ、とれた部屋は隣り街(^^ ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/05/04 18:11
憲法記念日
憲法記念日 「地毛証明」なることばが存在することを最近知りました。 東京では都立高校の6割で提出させているとか・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/03 21:11
千厩
千厩 2月も最後の週末。 昨年は妻を連れ立って小友裸参り行のバスに乗りましたが、今年は現場作業が入り断念(^^i ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/26 19:20
県道160号線 拾遣
県道160号線 拾遣 早いもので今日から2月。 画像は3日前。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/02/01 21:01
附馬牛 2017年 1月
附馬牛 2017年 1月 宿を8時に発った老夫婦。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/31 18:14
藤三旅館
藤三旅館 元日の夜は鉛温泉に泊まりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/30 19:55
北上巡行 飯豊地区交流センター
北上巡行 飯豊地区交流センター 年が明けたので(^^i  お出かけしてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/29 19:22
'16 露天風呂
'16 露天風呂 8月、唯一の一人旅。 墓参帰りのお盆、久々の夏油温泉泊。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/30 18:40
’16 岩手路
’16 岩手路 今年も残すところ、あと4日。 明朝には次男が夜行バスで帰省します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/12/27 22:37
佐比内
佐比内 カネ偏の文字が似合うエリア。 今は砕石を運ぶ大型ダンプ街道・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/24 19:09
プチ雲海
プチ雲海 物見山の麓から立ち上がる霧を見ながら戻った宿。 チェックアウトは8時。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/23 18:09
東舘町
東舘町 19日の朝、いつものように5時前には目覚めました。 部屋の明かりを点けたもんですから、普段は8時まで起きない妻まで起き出す始末(^^i ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/22 16:35
細越しし踊り
細越しし踊り 神楽殿から馬場へ降りること二度目(^^ イベントのラストは細越しし踊り。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/21 18:34
早池峰神楽
早池峰神楽 外山神楽が欠席でラストの平倉神楽。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/20 19:48
さんさ踊り
さんさ踊り 末角神楽を堪能した後、チト浮気(^^i 馬場までおりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/09/19 19:31
神楽殿
神楽殿 朝から雨降りの在所を出発したのは9時。 11時半には到着し、夫婦で味噌ラーメンを注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/18 18:14
棚から一掴み
棚から一掴み 触発され、日記の最初を覗いてみました(^^i そうか、恥さらしの日記公開も8年と半年になるのか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/23 23:29
ダムラー(^^
ダムラー(^^ 二十数年ぶりに泊まった宿。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/19 22:10
路網
路網 これ、イイな(^^i ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/18 22:40
外川目
外川目 今は行政区が花巻市となった大迫町。 R396から内川目を経、荒川高原へ抜けるルートは何度か利用しましたが 今回は外川目に寄ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/17 19:49
遠野街道
遠野街道 昔話です(^^ バスセンターを発った路線バスが旧岩手銀行本店の角から南へ曲がり 更に盛岡信用金庫前のT字路を曲がり南大通りを横切り、北上川左岸を大迫に向けて 南下するルートに乗車したことが何度かありました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/16 19:01
露天風呂
露天風呂 二日目、8時には宿を引き払い遠野街道沿いをあーたらこーたらして南下。 昼には遠野市街地に入ったのですが、すぐ周辺探索へ(^^ 気が付けば15時半・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/15 21:24
墓参三昧
何時もと同じ時間に朝食をとり、出勤時間に家を発った日曜日。 東北道を北上し、まずは母方の祖父母の墓へ。 そこから1時間ほど走り、父方の寺へ・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/08/14 20:29

トップへ | みんなの「岩手路」ブログ

物見山にウサギを探す 岩手路のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる